ホーム
お知らせ
大阪空襲訴訟とは
原告の被災体験
訴訟に至る経過

お知らせ記事一覧

70年前の1945年3月13、14日、第一次大阪大空襲。空襲の黒煙の下で、命が奪われ、身体が傷つき、家屋が焼失......。 
「戦後70年」、いまだ国は空襲被害者への謝罪・補償を行っていません。
第一次大阪大空襲から70年となる3月13日に、追悼とともに、空襲被害者からの訴えや「空襲から逃げるな!」と市民に避難を禁じた防空法の解説などを行います。

DVD上映「大阪大空襲訴訟〜原告たちの訴え」/新聞うずみ火
講演「検証 防空法〜空襲下で禁じられた避難」/大前 治 弁護士

  • 日 時  3月13日(金) 午後6時開場 6時30分開始
  • 会 場  エルおおさか 視聴覚室
  • 資料代  500円(学生300円)

主催 全国空襲被害者連絡協議会・大阪 大阪空襲訴訟を伝える会

今後の活動について

 大阪空襲訴訟は、最高裁の上告棄却不受理により、裁判は終了しました。

 皆さまのご支援のおかげで闘い抜くことができ、心よりお礼を申し上げます。裁判は一定の成果は得つつも目的は達成しませんでしたので、この後も、私たちは空襲被害者等援護法(仮称)を国に求めていきます。名称を「全国空襲被害者連絡協議会・大阪 大阪空襲訴訟を伝える会」(略称 全国空襲連・大阪)と改め2015年1月から新たなスタートをしたいと思っています。

 「空襲被害者等援護法(仮称)」の実現のために、今後とも皆さまのご支援をよろしく

お願い申しあげます。

今後の「伝える会の」運動目標、と、会費のお願いです。

  ? 立法化運動 (援護法の制定)宣伝・署名活動(100万筆目標・団体署名)

  ? 議員連盟への加盟促進・各議会の意見書採択

  ? 沖縄訴訟・重慶訴訟の支援

  ? 空襲被災体験を語り継ぐ

  ? 各種平和運動へ参加


  年会費 一口 1000円  75歳以上一口500円  学生一口300円

  募金  は、いくらでも感謝です。


わかりやすい解説ホームページが開設されました。
残念ながら、2014年9月11日付で、最高裁は「上告棄却」の決定をしました。
これまでご支援をいただいていたみなさまに心から御礼申し上げます。

■日 時  3月13日(水) 午後1時開場 1時半開演
■会 場  大阪市立中央会館ホール
   (地下鉄堺筋線 長堀鶴見緑地線「長堀橋」下車徒歩6分)
■参加無料
■ゲスト マティアス・ノイツナー氏
    (「1945年2月13日」協会代表)
noizner.jpg













germando.jpg

大阪空襲訴訟控訴審も2回の弁論で終わり、1月16日に判決を迎えることになりました。
多くのみなさんの傍聴ご参加をお願いします。

時間:午後3時30分
場所:大阪高裁202号大法廷
   傍聴券の抽選の受付は午後2時40分です。裁判所東館にご集合お願いします。

※報告集会:裁判終了後 中央公会堂 大会議室

9月24日(月) 開廷3時30分〜

大阪高等裁判所2階 202号法廷

※傍聴券の抽選は2時50分から別館1階前にて行われる予定です。

それより前に来ていただく必要があります。

皆様の傍聴ご参加をお願いします。

報告集会は、4時40分頃から弁護士会館(裁判所東側、天満警察署東隣)にて開催予定

※この控訴審に向けて、空襲被害者の人権を保障する公正な判決を求める署名をご協力ください。(署名用紙のダウンロードができます)




大きな地図で見る

 2008年12月に提訴し、10回の大阪地裁審理の後、棄却されました。
  二度と悲惨な戦争を起さないためにも、この裁判で公正な判決を下してもらいたいと願っています。
 控訴審に向けて街頭や集会などで以下の署名をお願いしています。
 このホームページからも署名用紙のダウンロードをして少しでも署名にご協力いただければ大変ありがたいです。
 ご協力、宜しくお願いします。

 以下の署名用紙画像をクリックしてダウンロードが可能です。

  ※署名後は 署名用紙最後に記載されています 大阪中央法律事務所 宛に9月14日までに到着するように郵送お願いします。

署名用紙

6月11日(月) 午後2:00〜開場 2:30〜開始

大阪地裁 202号法廷

傍聴券の抽選も午後1時45分から順番待ちを別館南側玄関で行なう予定です。

皆様の傍聴ご参加をお願いします。

法廷終了後の報告集会にもご参加ください。

報告集会

■午後3時40分〜

■中之島公会堂大会議室




大きな地図で見る
評価してよいポイントは何か?
残念なポイントは何だったか?
これからの控訴審をどう闘い抜くべきか?

 これまで70年近くもの間、救済を求める必死の声を上げても届かず、放置され続けてきた空襲被害者たち。
 その救済を実現するために国会議員も動き始める中、注目の大阪地裁判決(平成23年12月7日)を、弁護士がわかりやすく解説します。

■第1回大阪空襲訴訟の判決学習会
【日 時】3月30日(金) 午後6時半〜
【会 場】大阪市住吉区の大阪市長居障害者スポーツセンター内会議室
          (下記地図参照)
【講 師】小林徹也弁護士(大阪空襲訴訟弁護団)
【入場料】無料
【問い合わせ】大阪空襲訴訟を支える会(「新聞うずみ火」内 TEL 06-6375-5561 )


大きな地図で見る