入会

大阪空襲訴訟を支える会入会のお願い

 太平洋戦争末期、大阪の街が火の海となった大空襲から63年。体や心に傷を負い、苦難の人生を強いられてきた空襲被災者と遺族が手を携え、戦後、何ら援護策を取ってこなかった日本政府を相手に「謝罪」と「補償」を求める集団訴訟を12月8日に起こすことになりました。残りの人生が決して長くない私たちにとって、苦渋の選択です。
  無謀な戦争を引き起こし、米軍の非人道的な無差別爆撃(空襲)を招いた国は戦後、空襲の凄惨な実像を明らかにすることを怠ってきただけでなく、肉親を奪われたり、体の一部を奪われたりした市民に「戦争被害は国民等しく受忍せよ」という戦争受忍論を押しつけ、謝罪や補償を拒否してきました。旧軍人、軍属とその遺族には手厚い国家補償をしているのとは対照的です。
  戦後、食べる物はなく、学ぶ機会は奪われ、差別と偏見のために働く場も制限された私たちにとって、生きることそのものが闘いでした。いつか援護の手が差しのべられるのではないかと国を信じてきましたが、結局は裏切られました。
  63年前、幼かった私たちが空襲で親を奪われたり、障害を背負わされたり、家財産を焼かれたりしたことは「自己責任」なのでしょうか? 司法に訴えてでも、国に謝罪と補償を求めることは、金銭の問題だけではなく、戦争被害者が「人間としての尊厳」を取り戻し、再び悲惨な戦争をさせないための闘いだと思っています。
  しかしながら、組織も、力もない私たちが裁判を進めるためには、市民の皆さま方のご理解とご協力が必要です。
 「大阪空襲訴訟を支援する会」は、私たちの法廷での闘いを物心両面で支え、訴訟の意義を社会に広め、将来、政治的解決を引き出す基礎を担うべく、提訴にあわせて設立する市民団体です。別紙、会の趣旨文にご賛同し、ただき、できるだけ多くの方に入会していただけますよう、よろしくお願いします。

2008年11月24日

大阪空襲訴訟原告団 
大阪空襲訴訟弁護団 
大阪空襲訴訟支える会 
 

支える会

大阪空襲訴訟を支える会について

郵便振替口座でお願いします

<口座番号> 00900 - 3 - 170557
<加入者名>大阪空襲訴訟を支える会
* 郵便局で赤で印刷された用紙で振り込んでください
(手数料が加入者 負担となります)